リース契約でのコピー機

コピー機を会社で使う際にリース契約をするという手段があります。リース契約は会社からコピー機を借りるようなものに近いです。このリース契約の利点は、契約期間によって期間と値段は変わりますが、一定期間ごとにお金を支払うため、初期費用の削減が可能であるといこと。リース料金は経費で計上することができるということ。メンテナンスや点検をリース会社が行うため、毎月当たりのコストが契約しやすい点です。

しかし、デメリットもあります。基本的にリース契約は中途解約ができないため、5年契約だったが、3年目でいらなくなったとしても残り2年分のお金を支払わなければなりません。そのため、コピー機を借金やローン払いで買った方が値段的には安くなります。さらに、借りているもののため、契約期間が終わってしまえば返す必要があり、リース期間が終われば回収されてしまいます。

以上の理由から、リース契約をする場合はメンテナンスなどの経費計算がしやすい。それに対することよりも別な案件について時間を割きたいという場合なら良いものと言えるでしょう。契約できるコピー機も多いため、特殊な型を探している場合にはそういったものを扱う場所で契約を結び使用することができます。