コピー機を使う際の注意点

情報社会となり、簡単に情報を持ち運べるようにできるコピー機は便利なもので、使うことも多いでしょう。いまでは家庭に置いてあることも多く、手軽なものとなってきました。しかし、コピー機は便利であるがゆえに悪用されることや、人の情報が広く出回る、情報としての価値を下げるといったことにつながるような行為は法律で禁止されています。どのようなものが禁止されているのかを説明します。

まず新聞や本といった情報の書かれたものの完全なコピーが禁止されています。これを許してしまうと、本を一冊買って複写して売るといった行為も出来てしまうためです。そのため、コピーしていいのはほんの一部分だけとされています。しかし、少し使いたいと言うような場合で図書館などからの本をコピーする場合、目安として半分以下ならばコピーが許可されています。

しかし、例外もあります。その内容を調査研究の用に供するために使用する場合は、それぞれに応じた期間が過ぎた後であればその複写物、つまりすべてのコピーの所持を認められています。しかし、一人当たりに一部までとなっているためその点は注意いして所持しましょう。こういったことを守ることで、情報をまとめ、調べる人をまもり、使う人が快適に過ごすことができます。