レンタルコピー機とは

レンタルコピー機は会社からコピー機を借りて、使うものです。しかし、ただ借りるのではなく、サービスとしてメンテナンスや点検といったものの費用やトナー、部品代といったものの料金も含まれています。これにはどのようなメリットデメリットがあるのか紹介していきます。

まず、レンタルコピー機での一番のメリットは何枚刷っても費用が変わらない点です。このサービスがない場所もありますが、基本的についており、月に数枚しかすらないといった場合では関係ないですが、資料として大量にコピーや印刷が必要な場合は、大きなコスト削減にもつながります。また、メンテナンスや点検費用も入っているため、普通に買った場合では保証が切れてから、保証がなければ買ってすぐでも買い直しをすることや、数日の修理が必要となってしまいます。その点レンタルでは借りた会社がそういったことをしてくれるので安心です。

デメリットとしては、まず選べる機種が決まっているということ。しかし、多くのコピー機いだけではなく、便利な複合機も多く登録されているため、基本的に困ることはないかと思います。次にレンタルなので、何事もなく終わった場合でも手元に残らず、レンタル料金を支払わなければいけない点です。

リース契約でのコピー機

コピー機を会社で使う際にリース契約をするという手段があります。リース契約は会社からコピー機を借りるようなものに近いです。このリース契約の利点は、契約期間によって期間と値段は変わりますが、一定期間ごとにお金を支払うため、初期費用の削減が可能であるといこと。リース料金は経費で計上することができるということ。メンテナンスや点検をリース会社が行うため、毎月当たりのコストが契約しやすい点です。

しかし、デメリットもあります。基本的にリース契約は中途解約ができないため、5年契約だったが、3年目でいらなくなったとしても残り2年分のお金を支払わなければなりません。そのため、コピー機を借金やローン払いで買った方が値段的には安くなります。さらに、借りているもののため、契約期間が終わってしまえば返す必要があり、リース期間が終われば回収されてしまいます。

以上の理由から、リース契約をする場合はメンテナンスなどの経費計算がしやすい。それに対することよりも別な案件について時間を割きたいという場合なら良いものと言えるでしょう。契約できるコピー機も多いため、特殊な型を探している場合にはそういったものを扱う場所で契約を結び使用することができます。

コピー機を使う際の注意点

情報社会となり、簡単に情報を持ち運べるようにできるコピー機は便利なもので、使うことも多いでしょう。いまでは家庭に置いてあることも多く、手軽なものとなってきました。しかし、コピー機は便利であるがゆえに悪用されることや、人の情報が広く出回る、情報としての価値を下げるといったことにつながるような行為は法律で禁止されています。どのようなものが禁止されているのかを説明します。

まず新聞や本といった情報の書かれたものの完全なコピーが禁止されています。これを許してしまうと、本を一冊買って複写して売るといった行為も出来てしまうためです。そのため、コピーしていいのはほんの一部分だけとされています。しかし、少し使いたいと言うような場合で図書館などからの本をコピーする場合、目安として半分以下ならばコピーが許可されています。

しかし、例外もあります。その内容を調査研究の用に供するために使用する場合は、それぞれに応じた期間が過ぎた後であればその複写物、つまりすべてのコピーの所持を認められています。しかし、一人当たりに一部までとなっているためその点は注意いして所持しましょう。こういったことを守ることで、情報をまとめ、調べる人をまもり、使う人が快適に過ごすことができます。

コピー機の利用について

コピー機は、自宅でも小さめの機種を使われる事がありますが、オフィスなどの企業、学校などの印刷物が多い施設で使われる事が多いです。このコピー機の利用、そのほか用意について当サイトでは紹介しています。

まず、コピー機を利用する事に関する注意点なのですが、これは主に書類を複写するなどの目的で使われるのがほとんどです。そこで、本やどの複写し、それを販売してしまうなどの行為は著作権法など、様々な法律に抵触するものですので、行わないようにしなければなりません。図書館などで利用する場合にはいくつか決まりがあるため、詳しく知っておくようにしましょう。

コピー機を設置したいという時、本体を購入するとなると高額になってしまいます。これは企業で購入するにしても高額なため、リース契約という方法があります。これはリース会社からコピー機をレンタルするものですが、メリットとしては費用の削減に役立ちます。購入といっても本体の寿命は5年程度とも言われているため、レンタルした方が、コストパフォーマンスが高いと言えるかもしれません。

また、レンタルコピー機というのもありますが、これは印刷枚数が多い場合には、それでも費用が変わらないなどの利点があるため、本体を利用するのに人気のある手段の一つです。これらのようなコピー機に関する情報を当サイトでは紹介しています。より詳しくコピー機についてしりたいという方はぜひ、当サイトをチェックしてみてください。